マンション管理の豆知識

劣化診断

  1. マンションは築後の年数とともに必ず傷みます。その傷み具合を調査、診断するのが劣化診断です。
  2. 劣化診断は長期修繕計画や大規模修繕の基礎となるデータです。
  3. 各部分の劣化度合いを判定して、ランク別に分類します。どの部分を何時ごろ修繕の対象とするべきかが明らかになります。
  4. 設劣化診断によって、隠れた瑕疵が明らかになる場合もあります。
  5. 劣化診断は信頼できる専門家に依頼しましょう。

大規模修繕の進め方

大規模修繕は大きな事業です。信頼できる専門家の協力の下に、間違いのない手順を 踏んで、悔いの残らない確実な工事を達成しましょう。

  1. 修繕委員会を組織する
  2. 劣化診断を依頼する(設計事務所など専門家)
  3. 設計監理業務を依頼する(設計事務所など専門家)
  4. 設計事前調査が始まる(設計者)
  5. 修繕計画の内容をまとめる(管理組合・設計者)
  6. 実施設計にとりかかる(設計者)
  7. 専有部分工事の共同発注などを検討する(管理組合・設計者)
  8. 施工者決定方法、見積り依頼先を検討する(管理組合・設計者)
  9. 設計と工事予算ならびに工期を確定する(管理組合・設計者)
  10. 工事予算と施工者決定方法について総会承認を受ける
  11. 見積り依頼先を対象に現場説明会を開催する
  12. 質議回答、見積りのための現地調査を実施する(設計者・見積り業者)
  13. 見積り受け取り後、ルールに従って施工者を決定する
  14. 工事説明会を開催する
  15. 工程内検査・中間検査を適宜実施する(監理者・管理組合・施工者)
  16. 完工検査・引渡しを行う(監理者・管理組合・施工者)
  17. 長期修繕計画の見直しを行う(管理組合)
  18. 瑕疵担保期間の年次瑕疵検査を実施する(施工者・管理組合)
Back to Top ↑